寝グセがついたというようなことで頭皮と髪の改善を体験

  • 2013/01/31(木) 10:22:56

カプサイシンとイソフラボン、2つを一緒に摂取しているというようなことがたいせつ
豆腐とトウガラシを食べ始めてからおよそ2ヵ月たった朝、鏡を見た時に気がついたというようなことがありました。あれは「寝グセがついていた」と言うというようなこと。

それ迄の俺の髪は薄く、頼りなくぽやぽやしていたので、朝起きた時はベタッと頭皮にはりついていますコンディションが常です。髪のやわらかさは変わりませんでしたのだが、寝グセがつくと言うというようなことは、それだけ髪にハリやコシが生まれたのでは? そういえば、洗髪時の抜け毛も減っていました。

寝グセなんて第三者から見たら微々たるものですのだが、俺にとってはたくさん前進でした。食習慣を多少ヘアアレンジしているだけでここ迄特殊なのですが、相当価格パフォーマンスもいい。これからどのようなふうに違っていくのか、たのしみでした。

ヘアサロンを変えて、合うヘアデザイナーさんを探したほうがいいと思います。

  • 2013/01/30(水) 10:22:30

まず、様々聞いても「大丈結婚相手です」「出来ます」と断言しておいて、出来上がりは出来て無い。
あれなのに、ごまかすようなということを言ったり、出来ていると断言したり・・・そんなヘアデザイナーも多いようです。

お客なので「でき無い」と言え無いのではなく、「でき無い」と言ったら負け?みたいな感覚なのかな・・・と思ったりしていきます。
技術や作法が無いのですね・・。

写真等を見せたとき、ヘアデザイナーさんは様々説明してくれますか?
切りながら、画像を数回も証明したりしていますか?
そんなということをせず、勝手なおもい込みで切ってるのかもしれませんね。

やり直しはしてもらえると思います。
だからと言って、気に入るものにはなら無いです。

スタイルの何処が好きか。何処が大事か。
あれが得意く伝われば、かけ離れたものにはなら無い気がしていきます。

カタログ等で、多様なスタイルを眺めているときに、「これいいな」とおもうものはいくつかありませんか?
異なるスタイルに見えても、実は通じる点があったりしていると思います。
あれが得意く伝わると、「想像」とかけ離れたものにはなら無いかと。

私は「あれもいいし、あれも気に成る」と3つのスタイル画像を持って行きました。
未経験者の私にとっては異なるものに見えてましたのだが、元の切り方はだいたい同じというようなということで、好きなゾーンを取り入れて切ってもらいました。
ヘアデザイナーさんから「好きなのがどのようなのか、わかった」と言ってもらえたので、気に入るスタイルにしてもらえました。

ヘアーにクセも有るとのということ。
どなたか、クセが有るけれどもすばらしいヘアスタイルにしている方に、ヘアサロンを紹介をしてもらうというような手順も有るのかな、と。

合うヘアデザイナーさんに出逢えるといいですね。